終活に向けて長く使い続けられるようなお墓を広島県で探す方法

墓と青空

お墓の購入は石種の選び方がポイント

広島県でお墓を購入する際には運搬や施工の関係から、墓地からそれほど離れていない場所にある石材店に墓石を注文するのが一般的です。お墓選びでは価格に加えてデザインやサイズが特に重視されがちですが、墓石に使われる石種の選び方も重要になってきます。墓石に使われる石材の種類や産地によって、お墓の外観イメージや耐久性が違ってくるのです。
墓石の石材には御影石とも呼ばれる花崗岩が昔から最も多く使われ、御影石だけでも多くの種類があります。黒御影や白御影といった色による違いに加え、国産の御影石には産地によってもさまざまな種類の石種が存在します。広島県は海を挟んだ隣県に日本を代表する高級御影石の産地を控えていることから、県内の石材店でも人気の石種を多く扱っている点が特徴です。最近は安価な海外製の石材も人気を集めていますが、そうした高級石材は硬度が高い上に吸水率が低く劣化しにくいという特性を持ちます。
広島県内の石材店では希少価値の高い国産の高級石材だけでなく、海外製の御影石や安山岩を使った墓石も豊富に取り扱っています。故人のために可能な限り立派なお墓を作りたいという人はもちろんのこと、少しでもリーズナブルな価格でお墓を購入したい人も含めて柔軟に対応できる品揃えとなっているのです。

広島のお墓選びで考えておきたいこととは

生前の内にお墓のことをいろいろと決めておくのは、終活の一環としてとても大事です。お墓といえば墓石をはじめいろいろなことを決めなければいけませんから、まだ元気な内にやっておいたほうがいいのは確かです。

たとえば広島でお墓のことを考えるとすれば、まず墓石のことから検討するのがいいかもしれません。まず和型の墓石なのか洋型の墓石なのかを決めるのはもちろんのこと、デザイン墓石やサイズ感についてもじっくり検討して決める必要があります。広島でお墓を作るのによっぽどのことがなければ時間はたっぷりとありますので、焦る必要はどこにもありません。広島の地にどんなお墓を建てたいのか、それだけを考えて選べば基本的にはOKです。

ただだからといって何でもかんでも望みが叶うわけではなく、もちろん予算のことも考慮しないといけないです。目立つような立派なお墓にしたいとは思っていても、予算的に不可能な場合もあるはずです。そのあたりはお墓を建てるのにいくらぐらいお金をかけられるのか、お金についてシビアに考えておくことも大事です。墓石をただ選ぶだけでもいろいろと考えることがありますので、生前からしっかりと考えておいたほうがお墓のことで家族を悩ませないです。

墓石に使う石種や色をきちんと考慮してお墓を選ぶ

広島でお墓の購入を考えているなら、墓石に使う石種や色をきちんと考慮し、立派な石材を選ぶことが大切です。自らの墓標となるお墓の墓石はとても重要な存在ですので、お墓選びをするならとことん考え尽くしたほうがいいです。そうすることで気分的にすっきりし、残りの人生を精一杯生きられます。いわゆる終活でモタモタしてしまうといつまで経っても決まりませんので、広島で墓石選びをするなら徹底的に向き合って決めたほうがすぐに決まります。

自らの主張をただ押し通そうとするのではなく、お参りしやすいかどうか、管理しやすいかどうかなど家族のことについてももちろん配慮したほうがいいです。特に広島に家族が住んでいてお墓の管理を任せることになる場合は、管理面も含めたうえでお墓選びをするのが家族に迷惑をかけない考え方です。そうすることによって誰もが納得するお墓を建てられますので、万が一にもああすればよかったと未練を残したりしないです。

たとえば材質が丈夫で風化に強いタイプの墓石を選べば、管理はとても楽になるはずです。そうして熟考したうえでお墓を選ぶことが大切ですので、どういうお墓を選べばいいのかは適当に考えるのではなく、しっかりと考えたほうがいいです。


思い出の残る広島でお墓のことなら【大空石材】にお問い合わせください。墓石はもちろん霊苑もあるのであなたの意向に沿った形でお墓を構えることができますよ。見学もできるので安心できます。

ニュース一覧